事例紹介

導入事例 vol. 2

吉田運送株式会社

物流業界に 10X を! G Suite の活用で
残業を減らし、

業界全体の魅力度を上げていく。

北関東で内陸のコンテナターミナル(「内陸港」あるいは「インランド・デポ」とも呼ばれる)を複数運用する。「ラウンドユース」と呼ばれる、今まで空で回送されていたコンテナの有効活用に取り組み、港湾内のコンテナ停滞や Co2 の削減に貢献。ドライバーの負荷を下げることで、ドライバー不足など物流業界に課せられた課題の解決にも寄与し、女性ドライバーの進出にも貢献してきた。こうしたビジネスプランが評価され、2017年にはめぶきフィナンシャルグループ(常陽銀行・足利銀行)主催の「めぶきビジネスアワード地域創生賞」を受賞した、インランド・デポのリーディングカンパニー。

​URL: http://www.yoshiun.com

代表取締役
吉田 孝美 様

課題

物流の司令塔に当たる立場なので、

スタッフのICTスキル向上の必要性を

痛感していました。

いま輸入されたコンテナが東京港に着いて、最終的な納品場所が茨城だったとすると、積荷を下ろしたコンテナは、空にして港に返しています。逆に、輸出品を載せたコンテナも、港で積荷を下ろすと空になったものをまた内陸まで回送していました。つまりコンテナの約半数は、中身が空のまま運ばれているのです。

 

ところが、空のコンテナが内陸にあれば、輸出業者はこれを活用できる。今まで回送していたコンテナが実入りになるので、稼働率も上がるし、 CO2も削減できて全員がWin-Winになる。これがラウンドユースという仕組みで、私たちの運営しているインランド・デポはその拠点なのです。

 

このインランド・デポはいわば物流のハブであり、社員は司令塔に当たる立場なので、コンテナをやり繰りするスタッフのICTスキル向上と、スタッフが情報をもっと効率よく収集できるシステムの必要性を痛感していました。

導入の

きっかけ

最大の効率化は「社員全員のICTスキルが上がること」 G-COS導入でG Suite 活用による業務効率化を決断

しかし、システムの開発を外注していてはタイムラグが生じて、全然威力を発揮できない状況になってしまうことは予想できたので、 Google を活用して解決しようと考えました。

 

また、最大の効率化とは「社員全員のICTスキルが上がることではないか」と考えていたので、イーディーエルさんの提供している企業向け G Suite オンライン学習システムG-COS の「社員一人ひとりが自覚を持って取り組む」「社内にICTリーダーを育てる」という理念には共感する点がすごく多く、導入を決断しました。

 

G-COS の動画を社員に見せると、実際にアプリを使い始める社員が出てきて、他の社員も「自分にもできるかも」と使い始める連鎖が生まれてきました。

G-COS 導入後

コンテナの管理を電話から

Google スプレッドシート へ。Google Keep

なら荷札の文字もAIが自動で認識してくれる!

今までは、コンテナが移動したということを、オペレーターが事務所へ逐一電話で伝えていましたが、 Google スプレッドシート を使用することで、リアルタイムに情報を共有することができるように進化しました。

 

コンテナの荷札も、従来は事務所のスタッフが現場まで行って回収し、持ち帰って入力作業を行なっていました。スタッフの移動時間もかかりますし、入力ミスも発生していました。これを Google Keepを使い、荷札の写真を撮影し、AIによる文字認識機能を使用することで、スタッフの行き来する労力と、入力の手間も軽減することができました(図参照)。

 

今では、いくつかの東京港の港湾業者に、空コンテナの情報を スプレッドシート で共有しています。弊社のような一地方のデポが、東京港の港湾業者に Google を活用した情報共有を提案するなんて以前なら考えられなかったことですが、ICTを活用することで企業の規模がボーダーレスになってきている実感があります。

効果

ICTスキルが向上し、

アプリの活用アイデアが社内からも続々と!

業界全体を変えられるイメージができてきた

こういった Google アプリの活用アイデアが社内から出てくるようになったのも社内のICTのスキルが向上したおかげなので、G-COS の掲げる「専門的能力開発(現場でICTをどう活用すればよいか、自分自身の場面に応じて解決できるスキルが身につく)」が根付いたのかな、と考えています。

 

また、Google の経営理念「 Think 10X(10倍のスケールで発想しよう) 」にも、ものすごく共感しています。 Google の活用で残業時間を減らそう!と社内でも話していますし、実際に効果も出てきて、残業も減ってきています。

 

現場のドライバーさんも、いままで勤務時間の半分は空のコンテナを運んでいたものが効率化することで、実入りは変わらず、労働時間を短縮できる。

 

業界全体が変えられるイメージができてきたので、今人手不足と言われている世の中で、弊社だけでなく、業界全体の魅力度を上げていく。その中できちんと稼いでいける運転手さんが増えるきっかけになればいいな、と思っています。

今後

まだまだ需要のあるインランド・デポ

Google マップ のマイマップ機能を

立地の選定にも活用

Google マップ のマイマップ機能も活用しています。スプレッドシート の表を読み込むだけで地図上に場所をプロットしてくれる。すごい機能ですよね。

 

たとえば社員全員で手分けして、輸入業者、輸出業者、運送業者を スプレッドシート に入力したものを、色分けして地図上にプロットしていく。すると業者が密集しているところほど、うちのようなインランド・デポの需要があるという立地の判断ができる。いま、各業者間で横のつながりがまったくない状況を、情報を見える化する。すごいイノベーションを起こすことができるのではないかと考えています。

吉田運送株式会社の佐野インランドポート

(栃木県佐野市)

吉田社長に一問一答
「G Suite と G-COS、こうして社内に浸透させました!」

 ――働き方を変えるために、どのようにして社内でルールを作られましたか?

「まず、社内で勉強会を開催し、従来の表計算ソフトを Google スプレッドシート に移行していくことを周知しました。また、情報を一人で抱え込まないように働き方の思考を変える取り組みから始めました」

 

 ――クライアントとのやり取りは、 G Suite と G-COS を導入されてから変わりましたか?

「商品の管理する表を スプレッドシート で共有するようになり、つどメールでやり取りする手間が省けるようになりました」
 

――一番印象に残っている、または、役に立ったG-COS の動画はどれでしょうか?
「 Google フォーム  の活用方法の動画です。入力を簡単にすることで、データ収集に役立てることがイメージできました」

 

――テレワーク、リモートワーク制度は導入されていますか?
「物流業界はエッセンシャルワーカーなので、リモートワークはまだ導入していませんが、今後の想定はしています。PCにログインすれば仕事ができる、という環境は、何がなんでも会社に来なきゃいけない、という環境から解放される思考になっていくかもしれないとは考えています」

 

――最後に、働き方改革をこれから進めていこうとしている日本の中小企業へメッセージをお願いします。 「仕事の効率化のために新しくシステムを開発することも重要ですが、従業員一人ひとりのスキルを上げてこそ本当の効率化が図れると思います。G-COS の続編も期待しています!」

この導入事例を PDF として表示

PDF をダウンロード

スマートワークビズ

IT人材育成事業 IT業務代行事業

logo_rgb.png

〒305-0051

茨城県つくば市二の宮1-23-9 二の宮ビル1階

TEL:029-846-1126

  • Facebook

©Education Design Lab Inc.  All rights reserved.