事例紹介

代表取締役
平山 秀樹 様

平山建設株式会社

10年前から全社員にビジネスアカウントを付与してGoogle のアプリを使っていたのですが、まだまだ生産性向上に繋げられていないな、と感じていました。どう活用したらいいのか考えていたところ、平塚さんから「G Suite™ を使って教育の質を高める!」と聞いて、「まさにこれだ!」と思いました。
G-COSを始めたら、あっという間に社内で「クラウドで書類を作る」「それを社内関係者や協力会社さんと共有する」というのが広まり、時短へ繋がりました!

これはとても大きい変化で、自分一人ではできなかったことです。

G-COSの動画では操作だけでなく、安全なパスワードの作り方なども丁寧に解説しているので、社内のITリテラシーが向上します。仕事の量も増え、規模も拡大できたのは、平塚さんと、G-COSをうまく活用できたおかげだと思っています。

総務
沖倉 ふみ子 様

平山建設株式会社

これまでは、毎月末に提出されたタイムカードをもとに、勤務日数、残業時間、休日出勤時間をエクセルで集計するのが、私の業務の1つでした。ただ、FAXでの提出は、文字がかすれて読めないことも多く、結局、電話で本人に確認が必要になったり、「持参する」と連絡があっても、結局なかなか提出 されなかったり…。毎月、月末になると、暗い気分でした。

そんなとき、社長からできるだけ Google スプレッドシート を使うようにと、指示があったわけです。「共有」できるから、というのですが、今思えば、当時は「共有」が何なのか全然わかっていませんでしたね。

私の感想ですが、 Google を使えるようになったことで、以前よりも、「自由になった」と感じます。 基本的に、社員は出社時に毎日入力し、集計は月一回で、「2時間」程度の作業で完了するようになりました。なので、月あたり6時間は時短していますね。ということは、年間で72時間!年間9営業日分を時短できたって考えると、知らないって怖いことだなって思いますね。 最近では、社員同士ちょっと集まった時にも、 Google をどう使えばいいか相談できるようになりました。こうだああだと、みんなが意見を出してくれるので、ありがたいですね。

理事長
北端 康良 様

一般社団法人 才能心理学協会

クライアントがどんどんIT化している中、自社ではそれにキャッチアップできておらず、なにかしたいと思っていた時に、 Google のサービスで 仕事の自動化、社員のコラボレーションが実現できる!という案内をEDLさんから受け、一度聞いて情報収集しなきゃいけないな、と思い受講しました。

トレーニングで学んだ通り、実際に会議で試してみたところ、会議の終了と同時に議事録が出来上がっていて、すごく感動しました!

他にも、私が一番苦手で時間の掛かるプレゼン資料の画像配置をGoogle スライドのAIが一瞬で提案 してくれるというのもすごく時短になり、もはや手放せません。

このトレーニングが無かったら、一人でこれらの課題を解決するのは難しかっただろうなと感じました。 仕事の仕組みを、時代に合わせて大きく変える手助けになるトレーニングだと思います。

吉田運送

代表取締役
吉田 孝美 様

吉田運送 株式会社

毎夕に1度、事務スタッフが管理本部棟からデポまで、約60枚の 【コンテナカルテ】 を回収に行き、Excelに手入力して集計していました。
手入力のため入力ミスも起きていましたが、ヒューマンエラーはできるだけゼロにしたいと思っていました。

そこで、ドライバーに、スマホに入れてある Google Keep で 【コンテナカルテ】 の写真を取ってもらい、管理本部にすぐに「共有」してもらったところ、管理本部のパソコンからコンテナの内容をすぐに確認できるようになりました!
しかも、「画像のテキストを抽出」機能により、ワンクリックで写真から「文字起こし」ができる。つまり、もう手入力しなくて良くなったんです。
計算すると 年間317時間もの時短に成功したことになります!

今後も続々更新予定!

スマートワークビズ

IT人材育成事業 IT業務代行事業

logo_rgb.png

〒305-0051

茨城県つくば市二の宮1-23-9 二の宮ビル1階

TEL:029-846-1126

  • Facebook

©Education Design Lab Inc.  All rights reserved.